Catinella olivacea

Catinella olivacea

Catinella olivacea (Batsch) Boud.
朽木生の小型ビョウタケ類。8月1日撮影。

[特徴]
子嚢盤は平皿形で縁はやや内屈する。無柄でやや広く基質に固着する。直径 2-5 mm.、表面は緑褐色ないしほとんど黒色でややつやがある。 外面も緑褐色、上面から見える縁部はオリーブ色を帯び皺状。組織はKOH水溶液中で暗紫褐色の色素を出す。 -- 子嚢は円筒形、基部は二叉し8胞子を一列に生じる。やや厚膜、ヨード反応は無い。85.8-98.2 × 5.4-6.0 μm. -- 側糸は糸状で無色、基部付近で分岐することがあり、まばらに隔壁がある。径 2.0-2.5 μm.、先端はわずかに膨らみ、淡黄褐色のヤニ状物質が付着する。 -- 子嚢胞子は長俵形、緑褐色で平滑。中央付近でややくびれ上半がわずかに大きいものが多い。2油滴を含む。8.2-9.5 × 3.4-4.2 μm. -- 托組織は大部分が丸みを帯びた薄壁の角形細胞よりなる。直径 45 μm. 程度までになり、所々にオリーブ褐色の結晶様物質が付着している。 子実体下面からはやや厚膜の緑褐色の菌糸が伸びる。直径 7-9 μm. で隔壁がある。

[コメント]
湿り気の多い倒木の切断面に群生している事が多い。子嚢盤を濾紙の上に伏せておくと暗緑褐色の胞子紋が取れる。 盤菌類のなかではかなり濃色の胞子紋が得られる種である。 Catinella は含まれる種類が少ない属だが、2006 Joint Annual Meeting, MSA abstracts of presentations を読んでいたら C. olivacea は Dothideomycetes に属するという研究が掲載されていた。 (Currah et al., Catinella olivacea: an ascostromatic fungus masquerading as an inoperculate discomycete.)
Breitenbach and Kränzlin には 8 mm. まで、Dennis には 10 mm. までになると記されているが 5 mm. を超えるものを見た事が無く、 いくつかの文献にある写真(例えば BMS Spring foray report. Mycologist ; 14(2), p. 64)とは若干様子が異なる事、 また、主にブナ科等の広葉樹の倒木に生じるとされるにもかかわらず松枯れの伐採木が腐朽したものに良く発生している事などが少し気になる。

[参考文献]
Breitenbach and Kränzlin (1984): Fungi of Switzerland. vol. 1. Ascomycetes.
Dennis (1981): British Ascomycetes. Rev. ed.

[初掲載: 2004.08.09; 最終更新: 2006.09.05]