Helvella sp. no.3

Helvella sp.no.3

Helvella sp. no.3.
ノボリリュウ属菌。10月9日撮影。

[特徴]
子実体は有柄、子嚢盤は初めは閉じているが後にはやや浅い椀形に開く。 さらに不規則に開いてわずかに反転することもあるが鞍状にはならない。縁は内側に巻く。 直径 10-25 mm.、子実層面はややねずみ色を帯びた褐色。外面は絨毛状で白っぽい。柄は円柱形、クリーム色で細かな毛状。中実。 高さは低く、子嚢盤の直径と同程度かそれ以下で直径 2-4 mm. -- 子嚢は円筒形、8胞子を一列に生じる。255-300 × 14..8-20.6 μm. -- 側糸は糸状、隔壁があり、内容は無色でほぼ一様か先端付近はやや泡状。直径 3.0-3.5 μm. 先端はやや膨らんで 6.0 μm. までになる。-- 子嚢胞子は広楕円形、平滑。大きな油球が一つと、少数の細かな油球がある。18.3-20.0 × 11.7-13.5 μm. -- 外面の毛は鎖状につながった細胞の房でできており、高さ 200 μm. 程度までになる。

[コメント]
公園のコケの生えた地上に散生していたもの。子嚢盤が鞍状にならないので H. ephippium ではなさそうだ。 比較的短い柄などの特徴は Helvella cupuliformis Dissing and Nannf. に近い。 Helvella sp. no.1 としたものと同じ種かも知れないが、 胞子が若干大型であることなどいくつか相違点があるので別扱いにしておく。

[参考文献]
Abbott and Currah (1997): The Helvellaceae: systematic revision and occurrence in northern and northwestern North America. (Mycotaxon ; 62. p. 1-125)
Dissing (1966): The genus Helvella in Europe with special emphasis on the species found in Norden. (Dansk botanik arkiv ; 25(1). p. 1-172)

[初掲載: 2007.07.17]