Rhytisma ilicis-integrae

Rhytisma ilicis-integrae

Rhytisma ilicis-integrae Y. Suto
モチノキ黒紋病菌。4月29日撮影。

[特徴]
子座は葉上に形成され黒い斑点状になる。直径 1.5-2.5 mm. 程度で不正円形あるいは丸みを帯びた多角形。 葉表側は黒色でほとんど平滑、つやがある。子座の周囲は黄色く退色し、また淡紫褐色のしみが広がる。 葉裏側は黒色、瘡蓋状に盛り上がり表面はやや粗造で硬い。越冬後、裏面側に子実層が成熟する。 成熟した子座は一ないし数片の亀甲状のひび割れを生じ、湿ると裂開して子実層が現れる。子実層は淡橙色。-- 子嚢は長棍棒形で下半は長く尾状に伸びる。先端は丸く、メルツァー液で青変しない。8胞子をほぼ2列に生じる。177-220 × 12.5-17.2 μm. -- 側糸は糸状、無色で隔壁があり径 2.2-2.8 μm.、先端付近は屈曲する。先端はやや膨らんで 5.8 μm. までになる。-- 子嚢胞子は細ナメクジ形、無色、薄壁、先端側は丸く、時にやや屈曲する。末端側は細く伸び、やや尖る。中央付近以外は小さな泡状の内容物がある。 被膜は認めにくい。26.3-38.0 × 3.7-5.0 μm.。

[コメント]
モチノキ (Ilex integra) に発生し、庭や公園に植栽されたモチノキにも発生する。子嚢が成熟するのは京都では四月下旬から五月初旬頃。 ソヨゴ黒紋病菌 (R. ilicis-pedunculosae) 等と長らく混同されていたが、最近新種として記載された。 ソヨゴ黒紋病菌と肉眼的には大変良く似ているが、R. ilicis-integrae は子実層が橙色を帯びる。

[別図2] 葉表面側。同日撮影。

[参考文献]
Suto (2009): Three ascomycetes on leaves of evergreen Ilex trees from Japan: Rhytisma ilicis-integrae sp. nov., R. ilicis-latifoliae, and R. ilicis-pedunculosae sp. nov. (Mycoscience ; 50, p. 357-368).

[初掲載日: 2016.05.20]