掲載種の検索表 -- [Key for ver. 1713]

掲載している盤菌類についての検索表です。
基本的に二叉式にしてわかりやすくしたつもりですが、正しくできているかどうかは自信ありません。
わかりやすい特徴を優先したので系統的に近い種が離れたり、その逆もありますが近縁種はだいたい集まっています。
二叉式の検索表は特徴の判断を一度間違えると全く別の所にたどりついたり、行先を失ったりする欠点があります。
また決め手としている特徴が観察できなければ、その先に進めないので場合によっては使い辛い事もあります。
そこで、特徴の紛らわしそうな種については複数箇所に重複して出しています。
また分類群(主に属レベル)までは比較的判り易い反面、種レベルの区別が難しい Hymenoscyphus 属とその近縁種群、
Scutellinia 属、Peziza 属については属レベル程度までに留め、別に検索表を作りました。
このサイトに掲載している種についてのみの検索表ですので、汎用性は必ずしもありませんが、
それ以外の種についても、おおよその属の見当をつける程度には役に立つのでは、と思っています。
表の作成に際しては多くの文献を参考にしました。十分理解が出来ていない箇所は少しごまかしたり、
自分で工夫した所は逆に判り難くなったりで、まだまだ不完全ですがとりあえず公開して随時追加しながら修正します。
基本部分で参考とした文献は以下の二つです。

大谷吉雄: 日本産盤菌綱菌類 -目から属までの検索表-. (Trans. Mycol. Soc. Japan ; 31, p. 117-143).
Dennis, R.W.G.: British Ascomycetes. Revised ed. Cramer, 1981.

--- 大まかな種類群までの検索表 ---
I. 子実層は成熟時でも大きく露出しない。子実体は塊状で地中生ないし半地中生(まれに地上生)、あるいは糞生で微小な卵形 →

I. 成熟時には子実層が露出する。子実体は皿状、椀状、棍棒状など様々 → II
 II. 子嚢先端は肥厚する事があるが蓋はない → III
  III. 子嚢は厚膜(二重膜) →
  III. 子嚢は薄壁 → IV
   IV. 子嚢盤は子座中に生じる、あるいは基質中に埋没する。成熟すると上面が開いて子実層が現れる。植物生 → 11
   IV. 子嚢盤は様々な基質から発生するが埋没して発生する事は無い → V
    V. 子実体は比較的大型、子嚢盤は棍棒状、へら状、鞍状、瘤状等 → 12
    V. 子実体は皿状、椀状等 → VI
     VI. 子実体外面には顕著な毛がある → 13
     VI. 子実体外面に顕著な毛は無い → VII
      VII. 子実体は菌核あるいは子座化した組織から生じる (子座が不明瞭な場合は次項も参照)→ 14
      VII. 子実体は菌核あるいは子座化した組織からは生じない → VIII
       VIII. 托組織は球形ないし多角形の細胞よりなる。細胞壁は暗色のものが多い → 15
       VIII. 托組織は基本的に菌糸状の細胞よりなる → 16
 II. 子嚢先端には蓋がある → IX
  IX. 子実体は革質、丈夫な肉質、あるいはゼラチン質。子嚢は厚膜で比較的長い → 21
  IX. 子実体は肉質で比較的脆い。子嚢は薄膜 → X
   X. 成熟した子嚢胞子は紫褐色になる → 22
   X. 子嚢胞子は成熟しても紫褐色にはならない → XI
    XI. 子嚢はメルツァー試薬で青変する部分がある → 23
    XI. 子嚢はメルツァー試薬で青変しない → XII
     XII. 顕著な柄がある。比較的大型種 → 24
     XII. 顕著な柄は無い → XIII
      XIII. 外面は無毛、毛がある場合は菌糸状で目立たない → 25
      XIII. 外面には厚膜の毛がある。毛は一般には剛毛状で褐色、時に無色 → 26

--- 種までの検索表 ---
11
A. 子実体は基質(朽木等)に埋没し、成熟時に子実層が表面に現れる → B
 B. 縁は反り返らない
Schizoxylon sp. no.1
 B. 縁は反り返る。内側は普通は白く縁取られる → C
  C. 子嚢胞子は糸状 → D
   D. 子実上層はメルツァー試薬で青変する Stictis sp. no.1
   D. 子実上層はメルツァー試薬で青変しない → E
    E. 子嚢胞子は 200 μm. 以下 Stictis sp. no.2
    E. 子嚢胞子は 200 μm. 以上 Stictis sp. no.3
  C. 子嚢胞子は楕円形ないし棍棒状 → F
   F. 子嚢胞子には隔壁が無い → G
    G. 子嚢胞子の短径は 10 μm. 以下 Propolis farinosa
    G. 子嚢胞子の短径は 10 μm. 以上 Propolis sp. no.1
   F. 子嚢胞子には隔壁がある → H
    H. ヨシの枯桿に生じる。子嚢胞子は3隔壁を生じる よくわからない盤菌類 no.13
    H. シダに生じる。子嚢胞子は7隔壁を生じる Mellitiosporium pteridinum
A. 子実体は基質に深く埋没する事はなく、白い縁取りも無い → I
 I. 子実体は表面がタール状で黒い子座中に生じる。植物寄生菌で葉上に発生するが成熟は越年後になる事が多い → J
  J. 常緑樹生、普通は生葉上で子嚢胞子が成熟する → K
   K. モチノキに生じる Rhytisma ilicis-integrae
   K. ソヨゴに生じる Rhytisma ilicis-pedunculosae
  J. 落葉樹生、落葉上で子嚢胞子が成熟する → L
   L. アオハダに生じる Rhytisma prini
   L. カエデ類に生じる Rhytisma sp. no.1
   L. モチツツジに生じる Rhytisma shiraianum
 I. タール状の子座を形成しない。成熟すると上面が放射状に開く、あるいは縦に裂開する → M
  M. 上面が放射状に開く → N
   N. 子実体は組織中に発達し、柄は無い → O
    O. 生木の樹皮から破出する よくわからない盤菌類 no. 33
    O. 落葉や落枝などに生じる → P
     P. 枯枝や落枝に生じる → Q
      Q. マツの枯枝上に生じる Coccomyces sp. no.3
      Q. サクラの落枝上に生じる Coccomyces sp. no.6
     P. 枯葉や落葉に生じる → R
      R. ミズナラの落葉上に生じる Coccomyces dimorphus
      R. ツバキの落葉上に生じる Coccomyces sp. no.1
      R. アオキの枯葉上に生じる Coccomyces sp. no.2
      R. シキミの落葉上に生じる Coccomyces sp. no.4
      R. シロダモの落葉上に生じる Coccomyces sp. no.5
   N. 子実体は基質上に発達し、基部はくびれる → S
    S. 子嚢胞子は糸状 Discocainia? sp. no.1
    S. 子嚢胞子は石垣状 Triblidium sp. no.1
  M. 上面はスリット状に縦に裂ける → T
   T. 子嚢胞子は有色、多細胞。(ヒステリウム類)→ を参照。
   T. 子嚢胞子は無色 → U
    U. 子嚢胞子は糸状 → V
     V. 子実体は比較的大型 Colpoma sp. no.1
     V. 子実体は微小で紡錘形ないし小判形 → W
      W. テイカカズラ落葉に発生する Lophodermium sp. no.1
      W. ツバキ落葉に発生する Lophodermium sp. no.2
      W. ヒノキ葉上に発生する Lophodermium chamaecyparisii
      W. マツ類の落葉に発生する → X
       X. 黒い帯線がある Lophodermium pinastri
       X. 黒い帯線がない → Y
        Y. 子嚢盤底部中央には寄主の表皮細胞がある Lophodermium sp.3
        Y. 子嚢盤底部中央には寄主の表皮細胞がない Lophodermium sp.4
    U. 子嚢胞子は長楕円形ないし棍棒形 → Z
     Z. 草本生 Hypoderma sp. no. 4
     Z. 木本生 → a
      a. 落葉上に発生する → b
       b. クヌギ落葉上に発生する Hypoderma ilicinum
       b. アセビ落葉上に発生する Hypoderma sp. no.1
       b. ネジキ落葉上に発生する Hypoderma sp. no.2
      a. 落葉以外の場所に発生する → c
       c. フジの葉軸に発生する Hypoderma sp. no.3
       c. ミズナラの堅果上に発生する Hypoderma sp. no.5

12
A. 頭部には顕著なしわ状の襞がある。菌核化したクワの果実から生じる
キツネノヤリタケ = Scleromitrula shiraiana
A. 頭部は棍棒状、へら状、塊状、鞍形など。菌核からは生じない → B
 B. 子実体は大型、塊状の基部から多数の突起を生じトサカ状になる クチキトサカタケ = Ascoclavulina sakaii
 B. 子実体は群生する事はあっても塊状の基部からは発生しない → C
  C. 子実体は明色 → D
   D. 子嚢胞子は針状ないし糸状 → E
    E. 水辺の朽木に生じる。柄には暗褐色のささくれ状鱗片がある ピンタケ = Vibrissea truncorum
    E. 林内地上に生じる Cudonia sp. no.1
   D. 子嚢胞子は糸状ではない。柄には鱗片が無い、あっても暗褐色ではなく粒状 → F
    F. 側糸が無い ヒメカンムリタケ = Neolecta vitellina
    F. 側糸がある → G
     G. 柄は白色半透明で細い。湿地に生える カンムリタケ = Mitrula paludosa
     G. 柄は比較的丈夫で地上生 → H
      H. 全体緑色系 アオズキンタケ = Leotia chlorocephala
      H. 少なくとも柄は黄色ないしオレンジ色系 ズキンタケ = Leotia lubrica
  C. 子実体は褐色ないし黒褐色 → I
   I. 子嚢胞子は無色あるいは殆んど無色 → J
    J. 子嚢胞子は隔壁を生じる Leucoglossum sp. no.1
    J. 子嚢胞子は隔壁を生じない → K
     K. 子嚢胞子は大小2型がある ミミズタケ = Microglossum longisporum
     K. 子嚢胞子の大きさは斉一 コテングノコウガイ = Sabuloglossum arenarium
   I. 成熟した子嚢胞子は暗色になる → L
    L. 子実層中に剛毛がある → M
     M. 子嚢胞子は5隔壁を生じる テングノシャモジタケ = Trichoglossum farlowi
     M. 子嚢胞子は15隔壁を生じる テングノメシガイ = Trichoglossum hirsutum
     M. 子嚢胞子は7隔壁を生じる → N
      N. 子嚢胞子は平均 100 μm. 以下で円筒形 ナナフシテングノメシガイ = Trichoglossum walteri
      N. 子嚢胞子は平均 100 μm. 以上で両端に向かって細まる Trichoglossum octopartitum?
    L. 子実層中に剛毛が無い → O
     O. 子実体表面には粘性がある ナナフシテングノハナヤスリ = Geoglossum glutinosum
     O. 子実体表面には粘性が無い → P
      P. 子嚢胞子は15隔壁を生じる コテングノタマバリ = Geoglossum pumilum
      P. 子嚢胞子の隔壁は15未満 → Q
       Q. 子嚢胞子は9-12隔壁を生じる カバイロテングノメシガイ = Geoglossum fallax
       Q. 子嚢胞子は7隔壁を生じる → R
        R. 側糸の先端付近の隔壁はくびれる タマテングノメシガイ = Geoglossum glabrum
        R. 側糸の先端付近の隔壁はくびれない ヒメテングノメシガイ = Geoglossum umbratile

13
A. 子嚢盤はスビクルム上に生じる → B
 B. 子嚢は2(稀に1)胞子を生じる
よくわからない盤菌類 no.10
 B. 子嚢は8胞子を生じる → C
  C. 黄ないし橙色 クモノスアカゲヒナノチャワンタケ = Arachnopeziza aurelia
  C. 白色 Arachnopeziza aurata
A. スビクルムは見られない → D
 D. 毛は短い → E
  E. 毛の表面は平滑 → F
   F. 毛は厚壁でガラス様 Unguicularia aspera
   F. 毛は薄壁 Phialina sp. no.1
  E. 毛の表面には粗面な部分がある → G
   G. 毛の先端は膨らんで棍棒状 Cistella sp. no.1
   G. 毛の先端は細くなる → H
    H. 毛の表面にはヤニ状の物質が付着する Hyaloscypha aureliella
    H. 毛の表面にヤニ状の物質は見られない Hyaloscypha albohyalina
 D. 毛は比較的長い → I
  I. 毛の表面は平滑 → J
   J. 毛は薄壁 Albotricha? sp. no.1
   J. 毛は少なくとも部分的には厚壁 → K
    K. 毛は束状になって折れ曲がる Urceolella crispula
    K. 毛は単独に生じ、直線的 → L
     L. 毛は菌糸状で子嚢盤縁部にまばらに生じる よくわからない盤菌類 no.17
     L. 毛は剛毛状で外面全体に密に生じる Trichopezizella otanii
  I. 毛の表面は粗面あるいは表面に顆粒をつける → M
   M. 毛の上半表面は平滑 → N
    N. 子嚢胞子には隔壁がある よくわからない盤菌類 no.22
    N. 子嚢胞子には隔壁が無い → O
     O. ブナの殻斗上に生じる。ブナノシロヒナノチャワンタケ = Dasyscyphella longistipitata
     O. 上記以外の基質に生じる。→ P
      P. 毛の先端細胞はわずかに膨らむが棍棒状にならない Dasyscyphella sp. no.1
      P. 毛の先端細胞は棍棒状に膨らむ Dasyscyphella sp. no.2
   M. 毛はほぼ全面に顆粒をつけ粗面 → Q
    Q. 側糸は糸状 → R
     R. 毛は褐色を帯びる → Fuscolachnum sp. no.1
     R. 毛は無色 → S
      S. 外皮層は顕著にゼラチン化する Proliferodiscus sp. no.1
      S. 外皮層は明瞭にはゼラチン化しない → T
       T. マツの落葉上に生じる Lachnellula pulverulenta
       T. 樹皮上に生じる → U
        U. 子嚢胞子は紡錘形 Lachnellula sp. no.1
        U. 子嚢胞子は広楕円形で小型 Lachnellula sp. no.2
    Q. 側糸は槍状あるいは太針状 → V
     V. 外面(毛の色)は少なくとも部分的に白色以外の箇所がある → W
      W. 毛表面の顆粒は赤色 Erioscyphella lushanensis
      W. 毛表面の顆粒は黄色ないし褐色 → X
       X. 外面に褐色系の部分がある → Y
        Y. 子嚢胞子は長紡錘形 Lachnum sp. no.1
        Y. 子嚢胞子は糸状 Lachnum abnorme
       X. 外面に黄色系の部分がある → Z
        Z. 明瞭な柄がある Lachnum sp. no.4
        Z. 柄はほとんど無い → a
         a. 毛のほぼ全体に黄色の結晶が付着する Trichopeziza sulphurea
         a. 毛の先端にのみ黄色の物質が付着する Lachnum sp. no.8
     V. 外面(毛の色)は白色 → b
       b. 子実層面は白色以外 → c
        c. 子嚢胞子には明瞭な隔壁がある Lachnum sp. no.5
        c. 子嚢胞子に隔壁は認めにくい → d
         d. 子嚢胞子は糸状 Lachnum apalum?
         d. 子嚢胞子は糸状ではない → e
          e. 朽木生 Lachnum sp. no.3
          e. ササの枯桿に生じる Lachnum sp. no.13
       b. 子実層面は白色あるいは類白色 → f
        f. 子嚢盤は比較的大型、3 mm. 程度になる Lachnum pygmaeum
        f. 子嚢盤は比較的小型、普通は 2 mm. 以下 → g
         g. 子嚢胞子は糸状 → h
          h. 外面の毛の先端には物質が付着しない → Lachnum sp. no.7
          h. 外面の毛の先端には黄褐色の物質が付着する → Lachnum sp. no.14
         g. 子嚢胞子は糸状ではない → i
          i. 外面の毛の先端には結晶状物質が付着する → j
           j. 子嚢胞子は 10-15 μm.、ネジキの落葉に生じる Lachnum longispineum
           j. 子嚢胞子は 20 μm. 以上 フトゲヒナノチャワンタケ = Incrucipulum ciliare
          i. 外面の毛の先端に結晶状物質は付着しない → k
           k. 子嚢胞子は 12 μm. を超える → l
            l. イタドリの枯茎に生じる Lachnum sp. no.2
            l. ササ類の枯桿に生じる Lachnum sp. no.6
            l. ススキの枯桿に生じる Lachnum sp. no.10
            l. タケノコの皮に生じる Lachnum sp. no.12
           k. 子嚢胞子は 12 μm. 以下 → m
            m. イタドリなどの枯茎に生じる シロヒナノチャワンタケモドキ = Lachnum nudipes
            m. 落葉上に散生する Lachnum sp. no.9
            m. 普通は朽木や枯枝などの木質部に生じる → n
             n. 子実体は傷つけると速やかに黄変する Lachnum sp. no.11
             n. 子実体は傷つけても黄変しない → o
              o. 側糸は太い槍状で子実層より顕著に抜き出る シロヒナノチャワンタケ = Lachnum virgineum
              o. 側糸はやや細く子実層と殆んど同じ高さ Lachnum brevipilosum

14
A. 子嚢盤は皺のある槍形。クワの実から生じる
キツネノヤリタケ = Scleromitrula shiraiana
A. 子嚢盤は椀形、皿形など → B
 B. 菌核は寄主から遊離して形成されるか、脱落しやすい → C
  C. 菌核は朽木材上に生じる よくわからない盤菌類 no.35
  C. 菌核は朽木材以外の場所に生じる → D
   D. 寄主はツバキ ツバキキンカクチャワンタケ = Ciborinia camelliae
   D. 寄主はホオノキ類 Ciborinia gracilipes
   D. 寄主はサカキ Ciborinia sp. no.1
   D. 寄主はサクラ よくわからない盤菌類 no.14
   D. 寄主はヒサカキ? よくわからない盤菌類 no.28
 B. 子座化あるいはミイラ化した寄主組織から生じ、脱落しない → E
  E. 子嚢胞子は細長く両端に付属物がある ニセキンカクアカビョウタケ = Dicephalospora rufocornea
  E. 子嚢胞子は楕円形、卵形などで両端に付属物は無い → F
   F. 托組織中に明瞭にゼラチン化した層がある Poculum sp. no.1
   F. 托組織に明瞭にゼラチン化した層はない → G
    G. 子嚢胞子は最終的には褐色を帯びる → H
     H. ツバキに生じる Lambertella? sp. no.1
     H. アオキに生じる Lambertella? sp. no.2
     H. サザンカに生じる Lambertella? sp. no.3
    G. 子嚢胞子は最後まで無色 → I
     I. 外皮層は矩形ないし伸長菌組織 → J
      J. ツバキの葉に生じる Lanzia? sp. no.5
      J. クヌギの総包に生じる Lanzia sp. no.1
      J. ミズキの葉柄に生じる Lanzia? sp. no.3
      J. 不明種(カエデ類?)の落葉に生じる Lanzia? sp. no.4
      J. クヌギ類の落枝に生じる Rutstroemia? sp. no.1
      J. カキノキの落葉に生じる よくわからない盤菌類 no.12
      J. ナンキンハゼの葉柄に生じる よくわからない盤菌類 no.38
      J. クリのイガに生じる → K
       K. 子嚢胞子には隔壁がある クリノイガワンタケ = Lanzia echinospora
       K. 子嚢胞子に隔壁は無い よくわからない盤菌類 no.31
     I. 外皮層は円形ないし多角形菌組織 → L
      L. 粒状の分生子果が同時に発生する Pycnopeziza pachyderma
      L. 分生子果は同時に発生しない → M
       M. スギの葉に生じる Stromatinia cryptomeriae
       M. サクラ類の果実に生じる Monilinia kusanoi
       M. ハンノキ類の雄花に生じる Ciboria amentacea
       M. コナラの実(ドングリ)に生じる Ciboria batschiana
       M. モミ類のまつかさに生じる Ciboria rufofusca
       M. クワの実に生じる Ciboria shiraiana
       M. アケビの果皮に生じる Ciboria sp. no.1
       M. コバノガマズミの種子に生じる Ciboria? sp. no.2
       M. 朽木生 → N
        N. 子嚢胞子は 20 μm. を超える Tatraea macrospora
        N. 子嚢胞子は 20 μm. 以下 よくわからない盤菌類 no. 4

15
A. 子嚢胞子は暗褐色になる → B
 B. 子嚢胞子は一細胞
Catinella olivacea
 B. 子嚢胞子には隔壁がある Dactylospora stygia
A. 子嚢胞子は無色または淡色 → C
 C. 子嚢盤は緑色を帯びる → D
  D. 外面は微毛状 Chlorosplenium chlora
  D. 外面は平滑 → E.
   E. 生きたコケ上に生じる Mniaecia jungermanniae
   E. 朽木上に生じる Mollisia sp. no.2
 C. 子嚢盤は緑色を帯びない → F
  F. 子嚢胞子は糸状 Vibrissea flavovirens
  F. 子嚢胞子は糸状ではない → G
   G. 子実体は表皮下から発生する → H
    H. 子実体は房状にならない → I
     I. 縁部には毛状の菌糸が有る → J
      J. 子実層面はやや赤みを帯びる よくわからない盤菌類 no.18
      J. 子実層面は灰色 Pyrenopeziza sp. no.2
     I. 縁部に毛状の菌糸は無い → K
      K. フジの葉柄に発生する Pyrenopeziza sp. no.1
      K. カエデ類の葉柄に発生する Pyrenopeziza petiolaris
    H. 子実体は房状になって発生する → L
     L. 子実体は暗色 Dermea cerasi
     L. 子実体は明色 → M
      M. 子嚢胞子の短径は 10 μm. 以下 Pezicula sp. no.1
      M. 子嚢胞子の短径は 10 μm. 以上 Pezicula sp. no.2
   G. 子実体は基質表面に生じる → N
    N. スビクルム上に発生する → O
     O. 子嚢胞子は一細胞 Tapesia fusca, Tapesia sp. no.1
     O. 子嚢胞子は多細胞 よくわからない盤菌類 no.20
    N. スビクルムは認められない → P
     P. 子嚢胞子には隔壁がある → Q
      Q. 子嚢胞子は7隔壁を生じる → R
       R. 子実層面は乳白色 Belonopsis? sp. no.1
       R. 子実層面は黄色 よくわからない盤菌類 no.37
      Q. 子嚢胞子は3隔壁を生じる → S
       S. 朽木生 Niptera? sp. no.1
       S. 草本生 Micropeziza sp. no.1
     P. 子嚢胞子には隔壁が無い(稀に1隔壁を生じる) → T
      T. 生木の樹皮上に生じる よくわからない盤菌類 no.7
      T. 枯れた植物遺体上に生じる → U
       U. 朽木生 → V
        V. 子実層面は黒色 → よくわからない盤菌類 no.36
        V. 子実層面は淡色 → W
         W. 子嚢胞子は 20 μm. を超える Mollisia sp. no.8
         W. 子嚢胞子は 20 μm. を超えない Mollisia? sp. no.4
       U. 朽木生ではない → X
         X. 広葉樹(ホオノキ、フジなど)の落葉の葉柄や葉脈上に生じる Mollisia sp. no.1
         X. コナラ落葉の裏面に生じる Mollisia? sp. no.6
         X. ササ類の枯桿に生じる Mollisia? sp. no.5
         X. ハンノキ類の雌花序(果鱗)に生じる Mollisia amenticola
         X. ススキの枯茎に生じる → Y
          Y. 子嚢盤は橙色 よくわからない盤菌類 no.19
          Y. 子嚢盤は白色ないし灰色 Mollisia sp. no.7

16
A. 針葉樹のヤニ上に発生する → B
 B. 子嚢盤はオレンジ色
Sarea resinae
 B. 子嚢盤はほぼ黒色 Sarea difformis
A. ヤニ以外の基質に発生する → C
 C. 子嚢盤は小型、半透明皿状でロウ状に見える → D
  D. 子嚢盤縁部は鋸歯状 → E
   E. 子嚢胞子は糸状 Hyalinia sp. no.1
   E. 子嚢胞子は楕円形 Orbilia sp. no.6
  D. 子嚢盤は全縁 → F
   F. 子嚢基部は細く伸びない → G
    G. 子嚢胞子は細長い Hyalorbilia sp. no.1
    G. 子嚢胞子は楕円形 Hyalorbilia erythrostigma
   F. 子嚢基部は細く伸びて分岐する → H
    H. 側糸先端は膨らまない Orbilia sp. no.7
    H. 側糸先端は膨らむ → I
     I. 子嚢胞子は直線状 → J
      J. 子嚢胞子は8μm. 以上 Orbilia sp. no. 3
      J. 子嚢胞子は8μm. 以下 Orbilia sp. no. 4
     I. 子嚢胞子は直線状ではない → K
      K. 子嚢胞子は短く、腎臓形 Orbilia delicatula
      K. 子嚢胞子は細長く、緩やかにカーブする → L
       L. 子嚢胞子は一端が曲がってJ形 Orbilia sp. no. 2
       L. 子嚢胞子は三日月形 → M
        M. 側糸先端は球状に膨らむ Orbilia sp. no.1
        M. 側糸先端は紡錘形に膨らむ Orbilia sp. no.5
 C. 子嚢盤はロウ質ではない → N
  N. 子嚢胞子は糸状で非常に長い Vibrissea flavovirens
  N. 子嚢胞子は糸状ではない → O
   O. 子実体は少なくとも一部がゼラチン化するかゼラチン質に包まれる → P
    P. 子嚢胞子は黒褐色 ゴムタケ = Bulgaria inquinans
    P. 子嚢胞子は無色あるいは淡色 → Q
     Q. 托外皮層は少なくとも一部はゼラチン質に包まれるかゼラチン化する → R
      R. ツチグリの古い子実体に発生する Gelatinipulvinella astraeicola
      R. 発生場所は上記以外 → S
       S. 子実体は地上性、大型で頭部は拳状で長い柄がある → T
        T. 全体緑色 アオズキンタケ = Leotia chlorocephala
        T. 少なくとも柄は黄色系 ズキンタケ = Leotia lubrica
       S. 子実体は椀形、洋コマ形、クッション形など → U
        U. 地上生 Pezoloma? sp. no.1
        U. 植物上に生じる → V
         V. 全体が軟らかいゼラチン質で紫色系 → W
          W. 子嚢胞子は 6.5 μm. 以上 Neobulgaria sp. no.1
          W. 子嚢胞子は 6.5 μm. 以下 → X
           X. 朽木生ではない Neobulgaria sp. no.3
           X. 朽木生 → Y
            Y. 子実体外面は粒状 ニカワチャワンタケ = Neobulgaria pura
            Y. 子実体外面は粒状にはならない Neobulgaria sp. no.2
         V. 紫色系ではない → Z
          Z. 腐朽材、竹稈や古い核菌類上に生じる → a
           a. 子嚢胞子は 0-1 隔壁を生じる Bisporella discedens
           a. 子嚢胞子は複数の隔壁を生じる → b
            b. 子嚢胞子の被膜表面は平滑 Strossmayeria bakeriana
            b. 子嚢胞子の被膜表面は疣状 Strossmayeria sp. no.1
          Z. 枯葉上あるいは草本上に生じる → c
           c. 針葉樹の枯葉に生じる → d
            d. スギの枯葉に生じる Chloroscypha seaveri
            d. ヒノキの枯葉に生じる Chloroscypha alutipes
           c. 草本生 → e
            e. 縁は全縁 → f
             f. 子実層面は黄色、子嚢胞子は 40 μm. を超える → Hymenoscyphus sp. no.14
             f. 子実層面は乳白色、子嚢胞子は 30 μm. 以下 → Crocicreas sp. no.2
            e. 縁は全縁ではない → g
             g. 縁は細かな鋸歯状になる Crocicreas cyathoideum var. cacaliae
             g. 縁にはまつげ状の毛束がある Crocicreas coronatum
     Q. 托外皮層はゼラチン質に包まれず、ゼラチン化もしない → h
      h. 子実体は赤紫色系 → i
       i. 子嚢胞子は小型、楕円形 Ombrophila? sp. no.1
       i. 子嚢胞子は大型、紡錘形 → j
        j. 子嚢胞子の内容物は細かい泡状 ムラサキゴムタケ = Ascocoryne cylichnium
        j. 子嚢胞子には大きな油球がある → k
         k. 側糸の先端は著しく膨らんで球状になる Ascocoryne sp. no.1
         k. 側糸の先端は球状にはならない。しばしば棍棒状のアナモルフを伴う ヒメムラサキゴムタケ = Ascocoryne sarcoides
      h. 子実体は赤紫色系ではない → l
       l. 子嚢胞子は子嚢中で発芽し、多数の二次胞子を生じる Tympanis sp. no.1
       l. 子嚢胞子は子嚢中で発芽しない → m
        m. 双子葉植物遺体上に生じる Crocicreas sp. no.1
        m. ススキ枯茎上に生じる よくわからない盤菌類 no.24
   O. 子実体にはゼラチン化、あるいはゼラチン質に包まれる部分は無い → n
    n. 子実体は KOH 水溶液中で褐色ないし紫色の色素を出す → o
     o. 子実体は花弁状 クロハナビラタケ = Ionomidotis frondosa
     o. 子実体は小型で肉は薄い Ionomidotis? sp. no.1
     o. 子実体は肉厚でコルク質 Ionomidotis? sp. no.2
    n. KOH 水溶液で顕著な色素を出さないか淡色の色素を出す → p
     p. 子実体は緑色ないしオリーブ褐色を帯びる → q
      q. 子実体はオリーブ褐色 Chlorencoelia torta
      q. 子実体は緑色 → r
       r. 柄は偏心性 ロクショウグザレキンモドキ = Chlorociboria aeruginascens
       r. 柄は中心性 → s
        s. 子実層面は白っぽい Chlorociboria omnivirens
        s. 子実層面は緑色 → t
         t. 子嚢胞子は 15 μm. 未満 ロクショウグサレキン = Chlorociboria aeruginosa
         t. 子嚢胞子は 20 μm. を超える Chlorociboria sp. no.1
     p. 子実体は緑色を帯びない → u
      u. 托外皮層の細胞は比較的厚膜 → v
       v. 托外皮層の細胞は無色でガラス様 → w
        w. 子実体は黄色 ビョウタケ = Bisporella citrina
        w. 子実体は白色 → よくわからない盤菌類 no.23
       v. 托外皮層の細胞は少なくとも一部は有色 → x
        x. 子嚢胞子は隔壁を生じる よくわからない盤菌類 no.25
        x. 子嚢胞子は隔壁を生じない → y
         y. Rhytidhysteron 属菌上に発生する Unguiculariopsis ravenelii
         y. Xylaria 属菌上に発生する Encoelia cubensis
      u. 托外皮層の細胞は薄膜 → z
       z. 子嚢盤の表面には褐色のヤニ状の物質が付着する Crustomollisia roburnea
       z. 子嚢盤の表面にはヤニ状の付着物は無い → α
        α. 托最外層は毛状になる事は無い → Hymenoscyphus 属とその近縁種群など の検索表へ。
        α. 托最外層は短い毛状になってわずかに立ち上がる → β
         β. 子嚢胞子には末端に付属物がある Lambertella torquata
         β. 子嚢胞子に付属物は無い → γ
          γ. 子実体は黄色 Calycellina punctata
          γ. 子実体は白色 →δ
           δ. フジの葉柄に生じる よくわからない盤菌類 no.21
           δ. 草本の枯茎に生じる Calycina herbarum

21
A. 子実層面に剛毛を生じる
マツバノヒゲワンタケ = Desmazierella acicola
A. 子実層面に剛毛を生じない → B
 B. 子嚢盤は黒色ないし黒褐色 → C
  C. 子嚢胞子表面は細かい疣状、子実体はゼラチン質 オオゴムタケ = Trichaleurina tenuispora
  C. 子嚢胞子は平滑か横皺があるが疣状ではない → D
   D. 子嚢胞子は球形 → E
    E. 側糸先端はまっすぐ クロチャワンタケ = Pseudoplectania nigrella
    E. 側糸先端はかぎ状に曲がるものがある ニセクロチャワンタケ = Pseudoplectania melaena
   D. 子嚢胞子は球形ではない → F
    F. 子嚢胞子はソーセージ形 Plectania campylospora
    F. 子嚢胞子は楕円形あるいは卵形 → G
     G. 子嚢盤外面は赤錆色 Plectania melastoma?
     G. 子嚢盤外面は黒褐色 → H
      H. 子嚢胞子側面には横皺がある クロヒメチャワンタケ = Plectania platensis
      H. 子嚢胞子は平滑 Plectania sp. no.1
 B. 子嚢盤は比較的鮮色 → I
  I. 子嚢盤外面には立ち上がった剛毛がある シロキツネノサカズキ = Microstoma floccosum
  I. 子嚢盤は無毛、あるいは菌糸状のねた毛がある → J
   J. 子嚢胞子表面は平滑 → K
    K. 朽木生 ベニチャワンタケ = Sarcoscypha coccinea
    K. イブキ上に生じる小型菌 イブキアカツブエダカレキン = Pithya cupressina
   J. 子嚢胞子表面には条線模様がある → L
    L. 朽木生 Phillipsia sp. no.1
    L. 地中の菌核から房状に生じる → M
     M. 子嚢胞子の両端は丸い ミミブサタケ = Wynnea gigantea
     M. 子嚢胞子の両端には乳頭状突起がある オオミノミミブサタケ = Wynnea macrospora

22
A. 子嚢胞子は一塊になって射出される → B
 B. 子嚢盤は黄色
Saccobolus minimus
 B. 子嚢盤は白色 Saccobolus depauperatus
A. 子嚢胞子はばらばらに射出される → C
 C. 糞生 → D
  D. 子実体は黄色味を帯びる Ascobolus crenulatus
  D. 子実体は白色 Ascobolus sacchariferus
 C. 糞生ではない → E
  E. 焚火跡の炭上に発生する → Ascobolus carbonarius
  E. 焚火跡以外の場所に発生する → F
   F. 死体の分解跡などに発生する Ascobolus denudatus
   F. 植物遺体上や地上に発生する → G
    G. 子嚢胞子は紡錘形 Ascobolus viridis
    G. 子嚢胞子は楕円形 → H
     H. 子嚢表面の模様は片面で十数本程度 Ascobolus demangei
     H. 子嚢表面の模様は片面で十本未満 Ascobolus sp. no.1

23
A. 特に子嚢先端部がメルツァー試薬で強く青変する → B
 B. 子嚢胞子は球形
アレハダチャワンタケ = Scabropezia scabrosa
 B. 子嚢胞子は楕円形 → Peziza 属 の検索表へ。
A. 子嚢は広くメルツァー試薬で青変する。(全体が青変あるいは上半が青変する。)→ C
 C. クッション形で赤色系の微小種 → D
  D. 糞生 Iodophanus carneus
  D. 糞生ではない Iodophanus testaceus
 C. 肉質は柔らかく盤状、褐色系 → E
  E. 皮層外面は球形細胞からなる。小型種、1cm. 未満 ミズベノクズダマタケ = Adelphella babingtonii
  E. 皮層外面は柵状の菌組織からなる。中型種 → F
   F. 子嚢胞子は平滑 カバイロチャワンタケ = Pachyella clypeata
   F. 子嚢胞子は粗面 → G
    G. 切断面は変色しない ケシムラサキチャワンタケ? = Pachyella violaceonigra?
    G. 切断面は徐々に黄変する Pachyella sp. no.1

24
A. 頭部の子実層は稜で網目状に区切られる → B
 B. 頭部は柄に直生する
アミガサタケ = Morchella esculenta
 B. 頭部は柄に隔生する トガリアミガサタケ = Morchella sp. no.1
A. 頭部の子実層は単一で椀状、皿状、釣鐘状、鞍状、脳状など → C
 C. 頭部は釣鐘状 テンガイカブリ = Verpa digitaliformis
 C. 頭部は脳状 シャグマアミガサタケ = Gyromitra esculenta
 C. 頭部は皿状、椀状ないし鞍状 → D
  D. 柄は円柱状で長い → E
   E. 頭部はほとんど黒色 クロアシボソノボリリュウ = Helvella atra
   E. 頭部は黒色ではない → F
    F. 子嚢胞子は広楕円形 → G
     G. 頭部は鞍状になる → H
      H. 頭部の縁は内屈しない アシボソノボリリュウ = Helvella elastica
      H. 頭部の縁は内屈する Helvella sp. no.4
     G. 頭部は鞍状にならない → I
      I. 子嚢胞子は 18 μm. 以下 Helvella sp. no.1
      I. 子嚢胞子は 18 μm. 以上 Helvella sp. no.3
    F. 子嚢胞子は楕円形ないし紡錘形 → J
     J. 外面の毛は比較的短い ナガエノチャワンタケ = Helvella macropus
     J. 外面の毛は比較的長い [ナガエノケノボリリュウ] = Helvella ephippioides
  D. 柄は短い、あるいは長くて深い縦溝がある → K
   K. 柄は長く頭部とは明瞭に区別できる。頭部は普通は鞍状になる → L
    L. 子実層面は黒色。頭部裏面は平滑 → クロノボリリュウ = Helvella lacunosa
    L. 頭部裏面は毛状 → M
     M. 頭部は白っぽい。裏面は微毛状 ノボリリュウ = Helvella crispa
     M. 頭部は褐色。裏面は毛状 Helvella sp. no.2
   K. 柄は比較的短く、頭部は椀状ないしゆがんだ皿状 → N
    N. 子嚢胞子表面は平滑ではなく、両端には突起がある → O
     O. 子嚢胞子両端の突起は中央が窪む Discina leucoxantha
     O. 子嚢胞子両端は網目状突起が長く伸びて数本の刺状に見える オオシトネタケ = Discina parma
     O. 子嚢胞子両端の突起は円錐状に尖る フクロシトネタケ = Discina perlata
    N. 子嚢胞子は平滑、頭部は深い椀状 → P
     P. 柄の溝は脈状の隆起となって頭部裏面周辺まで伸びる ウラスジチャワンタケ = Helvella acetabulum
     P. 柄の溝は頭部裏面にはほとんど伸びない カバイロサカズキタケ = Helvella leucomelaena

25
A. 子嚢胞子表面は平滑ではない → B
 B. 子嚢胞子は球形 → C
  C. 子嚢胞子表面の突起は刺状
Ramsbottomia crechqueraultii
  C. 子嚢胞子表面の突起は網目状 Lamprospora sp. no.1
 B. 子嚢胞子は球形ではない → D
  D. 子嚢胞子表面には独立した疣状突起がある → E
   E. 子嚢盤は皿状 オリーブサラタケ = Aleurina imaii
   E. 子嚢盤は椀状だが側面に基部まで達する切れ込みがある よくわからない盤菌類 no.34
  D. 子嚢胞子表面は多少とも網目状の突起で覆われる → F
   F. 朽木生 → G
    G. 子嚢胞子両端には円錐状の突起がある フクロシトネタケ = Discina perlata
    G. 子嚢胞子両端には複数のとげ状突起がある オオシトネタケ = Discina parma
   F. 地上生 → H
    H. 子実体は黄色、直径は 1 cm. を超えない → I
     I. 子嚢胞子の長径は 10 μm. 未満 Aleuria cestrica
     I. 子嚢胞子の長径は 10 μm. を超える Aleuria sp. no.1
    H. 子実体は鮮橙色あるいは赤色で直径は 1 cm. を超える → J
     J. 子実体縁部にはごく短い褐色厚膜の毛がある Melastiza rubra
     J. 子実体縁部に厚膜の毛は無い ヒイロチャワンタケ = Aleuria aurantia
A. 子嚢胞子は平滑、あるいは殆んど平滑 → K
 K. 子嚢胞子は球形 → L
  L. 子実体は青変性がある。中型種 キチャワンタケ = Caloscypha fulgens
  L. 子実体は青変性が無い。小型種で盤状 → M
   M. 地上生 → N
    N. 子実体は淡橙色ないしサーモンピンク色 Pulvinula sp. no.1, Pulvinula sp. no.2
    N. 子実体は白色 Pulvinula sp. no.3, Pulvinula? sp.1
   M. 焚き火跡に生える → O
    O. 子嚢胞子は径 10 μm. 以下 Pulvinula sp. no.4
    O. 子嚢胞子は径 10 μm. 以上 よくわからない盤菌類 no.32
 K. 子嚢胞子は楕円形など → P
  P. 焚き火跡に生える Pyronema omphalodes
  P. 焚き火跡以外に生える → Q
   Q. 子実体は黄色ないし橙色 → R
    R. 子実体は深い椀形、直径 1 cm. 以上になる Acervus epispartius
    R. 子実体は肉厚の盤状、直径 3 mm. 以下 → S
     S. 子嚢胞子は泡状の小さな油球を含む Kotlabaea deformis
     S. 子嚢胞子は一個の大きな油球を含む Octospora sp. no.1
   Q. 子実体は上記以外の色 → T
    T. 1センチ以下の小型種 → U
     U. 糞生 Coprotus sp. no.1
     U. 地上生 よくわからない盤菌類 no.5
    T. 中型ないし比較的大型種 → V
     V. 子実体は椀形 Tarzetta catinus
     V. 子実体は切れ込みがあり不完全な椀形 → W
      W. 子実体は濃色 ウズマキワンタケ = Otidea bufonia?
      W. 子実体は淡色 Otidea sp. no.1

26
A. 子実層面は黒っぽい。豆状の半地下生菌
Genea hispidula
A. 子実体は皿状ないし椀状 → B
 B. 子実層面は黄ないし赤色系統 → C
  C. 毛は表面の細胞よりも内部から生じる → Scutellinia とその近縁属 の検索表へ。
  C. 毛は表面の細胞から生じる → D
   D. 毛は褐色 → E
    E. 子嚢胞子は平滑 Anthracobia maurilabra
    E. 子嚢胞子は粗面 Melastiza rubra
   D. 毛は無色で目立たない。子嚢胞子は球形 → F
    F. 焚き火跡に発生する。子嚢胞子は径 13.8-15.0 μm. Sphaerosporella brunnea
    F. 発生地は焚き火跡ではない。子嚢胞子は径 9.7-11.5 μm. Sphaerosporella sp. no.1
 B. 子実層面は白ないしクリーム色、灰色など → G
   G. 子嚢胞子は粗面 → H
    H. 子実体は浅い皿形 イバリスズメノワン = Humaria velenovskyi
    H. 子実体は深い椀形。 → I
     I. 子嚢胞子は楕円形 シロスズメノワン = Humaria hemisphaerica
     I. 子嚢胞子は紡錘形 Jafnea fusicarpa
   G. 子嚢胞子は平滑ないしほとんど平滑 → J
    J. 毛は比較的淡色あるいは無色 → K
     K. アンモニア菌 Pseudombrophila petrakii
     K. 糞生の微小種。剛毛は無色で針状。 → L
      L. 剛毛は 500 μm. を超え、子嚢胞子の短径は 10 μm. 以下 Lasiobolus sp. no.1
      L. 剛毛は 500 μm. 以下、子嚢胞子の短径は 10 μm. 以上 Lasiobolus cuniculi
    J. 外面は剛毛のため褐色に見える → M
     M. 子嚢胞子に油球は見られない → N
      N. 子嚢胞子は楕円形 Tricharina sp. no.1
      N. 子嚢胞子は紡錘形、左右不対称 Tricharina japonica
     M. 子嚢胞子には油球がある → O
      O. 子嚢胞子はわずかに粗面 Trichophaea sp. no.2
      O. 子嚢胞子は平滑 → P
       P. 焚火跡に生じる Trichophaea abundans
       P. 地上に生じる → Q
        Q. 子嚢胞子内容物は泡状 Trichophaea sp. no.1
        Q. 子嚢胞子は大きな油球を含む → R
         R. 子嚢胞子内の油球は偏在するものが多い Trichophaea sp. no.3
         R. 子嚢胞子内の油球は中心にある Trichophaea woolhopeia?


A. 糞生菌。子嚢は一個のみの微小菌 →
Trichobolus zukalii
A. 地下生菌あるいは半地下生菌 → B
 B. 中実塊状で断面は大理石状あるいは霜降状 → C
  C. 表面は淡色で平滑 Tuber sp. no.1
  C. 表面は黒褐色で疣状 Tuber sp. no.2 "イボセイヨウショウロ"
 B. 内部には空隙がある → D
  D. 空隙は一つ(中空)。表面には剛毛がある Genea hispidula
  D. 内部は迷路状、表面に剛毛は無い → E
   E. 空隙は狭く、断面は迷路状。表面は赤褐色 クルミタケ = Hydnotrya tulasnei
   E. 空隙は広く、表面は淡墨色 Peziza guizhouensis

[盤菌類以外の小房子嚢菌などで多少とも盤状の子実体を形成する種類を便宜的に収める]
A. 黒褐色盤状、子嚢胞子は褐色、石垣状
Tryblidaria? sp. no.1
A. 子実体は黒褐色唇状、ボート型など → B
 B. 湿時に盤状になり子実層が顕著に露出する。外面には縦皺がある Rhytidhysteron rufulum
 B. 湿時に盤状にならず、子実層はほとんど露出しない。 → C
  C. 子嚢胞子は両端の細胞が淡色 Hysterium pulicare
  C. 子嚢胞子は一様な褐色 Hysterium macrosporum?

--- 各分類群の検索表 ---

Hymenoscyphus 属とその近縁種群など
A. 子実層面は多少とも凸形、水辺の植物遺体に生じる → B
  B. 子実体はややライラック色ないしピンク色を帯びる
Cudoniella clavus
  B. 子実体は白色 Hymenoscyphus varicosporoides
A. 上記以外 → C
 C. 菌類、藻類、コケ、シダ類に生じる → D
  D. 核菌類上に生じる よくわからない盤菌類 no. 26
  D. 藍藻類に生じる Mniaecia? sp. no.1
  D. コケ類に生じる Bryoscyphus conocephali?
  D. シダ類に生じる Allophylaria? sp. no.1
 C. 草本性あるいは木本性の植物上に生じる → E
  E. 草本性の植物遺体上に生じる → F
   F. 柄は短い Calycina herbarum
   F. 柄は長い → G
    G. 子嚢胞子は 40 μm. を超える Hymenoscyphus sp. no.14
    G. 子嚢胞子は 40 μm. を超えない → H
     H. 子嚢胞子は 20 μm. 以下 → Hymenoscyphus sp. no.13
     H. 子嚢胞子は 20 μm. を超える → I
      I. 子実層面は白色ないしクリーム色 Hymenoscyphus sp. no.3
      I. 子実層面はオリーブ色を帯びる Hymenoscyphus sp. no.7
  E. 木本性の植物遺体上に生じる → J
   J. 落葉上に生じる Hymenoscyphus sp. no.2, Hymenoscyphus sp. no.6, Hymenoscyphus sp. no.8, Hymenoscyphus sp. no.10, Hymenoscyphus sp. no.11
   J 朽木上に生じる → K
    K. 比較的長い柄がある Hymenoscyphus sp. no.9
    K. 柄は短い Hymenoscyphus sp. no.12
   J. 上記以外(種子、殻斗など)に生じる → L
    L. チャンチンモドキの落果に生じる Hymenoscyphus? sp. no.1
    L. ヤマザクラやミズキの種子に生じる Hymenoscyphus sp. no.5
    L. ドングリの殻斗等に生じる Phaeohelotium sp. no.1
    L. フジの莢果に生じる Phaeohelotium sp. no.2
    L. ツバキの果皮に生じる よくわからない盤菌類 no. 30

Peziza 属
不明種が多く残っている属です。子嚢胞子表面の特徴でまず A から E の五つの群に分けます。
A. 平滑あるいは殆んど平滑
B. 疣状ないし針状の突起があり、ほぼ一様に分布する
C. 疣状ないし針状の突起は不均一に分布するか、両端に突起がある
D. 畝状、脈状、あるいは不完全な網目状の突起がある
E. ほぼ完全な網目状の突起がある

A. 子嚢胞子表面は平滑あるいはほとんど平滑。
 a1. 糞生菌
Peziza sp. no.7
 a1. 焚火跡に生じる Peziza sp. no.6
 a1. 海浜砂地に生じる スナヤマチャワンタケ = Peziza ammophila
 a1. 上記以外の場所(地上、腐朽木、腐食質上など)に生じる → a2
  a2. 托組織は層構造をなさない → a3
   a3. 子嚢胞子は 20 μm. 以上 Peziza sp. no.9
   a3. 子嚢胞子は 15 μm. 以下 Peziza sp. no.19
  a2. 托組織は層構造をなす(中央付近に絡み合い菌組織の層がある) → a4
   a4. 子実層面は薄いレモン色を帯びる Peziza sp. no.4
   a4. 子実層面は薄いピンク色を帯びる Peziza sp. no.11
   a4. 子実層面は上記以外の色 → a5
    a5.側糸の細胞は顕著に膨大する Peziza varia
    a5.側糸の細胞は膨大しない → a6
     a6. 地上生 チャイロワンタケ = Peziza repanda
     a6. 朽木生 → a7
      a7. 子嚢胞子は 14 μm. 以下 Peziza sp. no. 10
      a7. 子嚢胞子は 14 μm. 以上 → a8
       a8. 子嚢盤外面は糠状、縁は鋸歯状 Peziza micropus
       a8. 子嚢盤外面はほぼ平滑、縁は全縁 Peziza sp. no.20
B. 子嚢胞子表面の突起は疣状ないし針状の突起があり、ほぼ一様に分布する。
 b1. 疣は大型 → b2
  b2. 子実体は傷つけると黄変する Peziza succosa
  b2. 子実体に黄変性は無い Peziza sp. no.17
 b1. 疣は小型 → b3
  b3. 成熟した子嚢胞子は褐色を帯びる → b4
   b4. 側糸先端に付着物は無い Peziza sp. no.18
   b4. 側糸先端にはヤニ状の物質が付着する → b5
    b5. 子嚢胞子は顕著な油球を含む Peziza sp. no.16
    b5. 子嚢胞子は油球を含まない Peziza sp. no.5
  b3. 子嚢胞子は成熟してもほぼ無色 → b6
   b6. 腐食質上に生える Peziza sp. no.8
   b6. 焼け跡に生える → b7
    b7. 子実層面は紫色を帯びない Peziza echinospora
    b7. 子実層面は紫色を帯びる → b8
     b8. 子嚢胞子は 13 μm. 以上になる Peziza violacea?
     b8. 子嚢胞子は 13 μm. を超えない Peziza sp. no.12
   b6. 上記以外の場所に生える → b9
    b9. 子嚢胞子表面の疣はほぼ球形 Peziza celtica?
    b9. 子嚢胞子表面の疣はやや縦に長い Peziza sp. no.14
C. 子嚢胞子表面の疣状ないし針状の突起は不均一に分布するか、両端に突起がある。
 c1. 両端には円錐形の付属物がある Peziza apiculata
 c1. 両端は疣が融合して盛り上がる → c2
  c2. 紫褐色の大型種 Peziza badioconfusa
  c2. 黄褐色の小型種。側糸先端は膨らんで折れ曲がり、ゴルフクラブ状。Peziza sp. no.1
D. 子嚢胞子表面の突起は畝状、脈状、あるいは不完全な網目状の突起がある。
 d1. アンモニア菌。突起は分岐の少ない畝状で片面に2-4本程度。ウネミノイバリチャワンタケ = Peziza urinophila
 d1. アンモニア菌ではない。地上生あるいは焼け跡生 → d2
  d2. 子嚢胞子は褐色を帯びる → d3
   d3. 托組織には層構造が見られる Peziza sp. no.13
   d3. 托組織に層構造は無い Peziza sp. no.3
  d2. 子嚢胞子は無色 → d4
   d4. 子実層面は淡色 Peziza sp. no.15
   d4. 子実層面は褐色ないし紫色を帯びる → d5
    d5. 焼け跡に生える Peziza ostracoderma
    d5. 地上生の大型種 Peziza badia
E. 子嚢胞子表面にはほぼ完全な網目状の突起がある。Peziza guizhouensis

Scutellinia 属とその近縁属
2012年の秋に、Scutellinia 属の研究を進めているフランスの Beñat Jeannerot 氏に私の採集した標本をいくつか見てもらう事が出来ました。
以下の表の一部はその同定結果を基にしています。

A. 子嚢胞子の内容物は一様
Cheilymenia sp. no.1
A. 子嚢胞子の内容物は泡状 → B
 B. 子嚢胞子は球形 → C
  C. 地上生 Scutellinia sinensis
  C. 植物遺体上に発生する Scutellinia sp. no.7
 B. 子嚢胞子は楕円形 → D
  D. 子嚢胞子表面の突起は網目状(時に不完全な場合もある)→ E
   E. 縁毛は長さ 1 mm. 未満、基部は分岐しない Scutellinia sp. no.8
   E. 縁毛は長さ 1 mm. を超え、基部は根状に分岐する Scutellinia pennsylvanica
  D. 子嚢胞子表面の突起は細点状や疣状、細く連結する場合もある → F
   F. 子嚢胞子表面の突起は粗大(600倍程度で容易に存在が確認でき、片面短径上に数個程度まで) → G
    G. 地上生 → H
     H. 子嚢胞子表面の疣は多角形で互いに連絡する。縁毛は長い Scutellinia fujianensis
     H. 子嚢胞子表面の疣は半円形で互いに連絡しない。縁毛は短い Scutellinia uliginosa
    G. 植物遺体上に発生する → I
     I. 子嚢胞子表面の疣状突起は最大径で 2 μm. 程度 Scutellinia colensoi
     I. 子嚢胞子表面の疣状突起は最大径で 3 μm. を超える Scutellinia badioberbis
   F. 子嚢胞子表面の突起は細点状 → J
    J. 縁毛は下面の毛に比べて著しく長い Scutellinia crinita?, Scutellinia scutellata, Scutellinia sp. no.6
    J. 縁毛は短い → K
     K. 縁毛は淡色 Scutellinia? sp. no.4, Scutellinia sp. no.9
     K. 縁毛は褐色 → L
      L. 縁毛の基部は太い分枝に分かれる Scutellinia cejpii
      L. 縁毛の基部に太い分枝は無い Scutellinia sp. no.3, Scutellinia sp. no.5